「2003 十勝沖地震」情報
この度の2003十勝沖地震に際しまして、道外の取引先の皆様から多数お見舞いのご連絡を頂きました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。




道東、日高で震度6弱 早朝にM8.0とM7.0
(北海道新聞/9月26日)
「26日午前4時50分と同午前6時8分ごろ、道東や日高地方を中心に二度の強い地震があった。気象庁によると、一度目は日高管内の新冠町、静内町、十勝管内の鹿追町、幕別町、釧路管内の釧路町、厚岸町などで震度6弱を観測したほか、道内全域で大きな揺れを観測した。震源は釧路沖で、震源の深さは約42km、地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.0と推定される。余震は、日高管内浦河町で震度6弱、新冠町で震度5強を観測した。震源は十勝沖で震源の深さは約60km、M7.0と推定される。道内の有感地震は午前11半現在、本震を含め20回で、札幌でも震度4を二度記録した。 この地震で道内の太平洋側を中心に最大で高さ1.3mの津内が観測された。釧路管内音別町で特急が脱線し2人が負傷したほか、苫小牧市内では製油所のタンクが炎上した。 重軽傷者は正午現在の北海道新聞社の調べで276人に上り、さらに増える可能性がある。JRや国道などの交通網も各地で寸断されている」 「道内で震度6以上の地震があったのは、1994年北海道東方沖地震以来9年ぶり。政府は26日午前5時15分に官邸対策室を設置。道と道警は地震直後に、災害対策本部と災害警備本部をそれぞれ設置した。札幌管内気象台は『今後も震度6弱程度の大規模な余震の可能性がある。10日間は警戒が必要』と呼び掛けている」




















GPS基準点、えりも町87cm移動 大樹町は31cm沈降
(北海道新聞/9月27日)
「国土地理院は26日、十勝沖地震で、日高管内えりも町にある衛星利用測位システム(GPS)の基準点が東南東方向に約87cm移動し、垂直方向では十勝管内大樹町の基準点が31cm沈降したと発表した。地震前後の各地のGPSデータを解析して判明した。 地理院によると、同方式での観測が始まった1449年4月以降、水平、垂直方向とも最大の移動量だという。地理院は『海側のプレートによって陸側のプレートは西側に押されており、えりも町は年間約四センチ西に動いていた。陸側のプレートのひずみが限界となり、一気に逆の東側に動いたと考えられる』としている」 「基準点の移動が最も大きかったのはえりも町で、大樹町は東南方向に約78cm、日高管内様似町は西に約59cm、帯広市では東南に約46cmの移動が観測された。垂直方向では、大樹町で約31cm、えりも町、様似町で約22cmの沈降と分かった。同方式によってこれまでに観測した最大の移動量は1994年10月の北海道東方沖地震で、根室市が東に約40cm移動したという」

















液状化による被害状況写真
(J建築システム9月26日撮影、札幌市清田区美しが丘)
札幌市清田区美しが丘3条6丁目周辺地図道路1の補修状況 奥はNO.1物件





NO.1物件を道路2よりのぞむ
手前では道路の亀裂を補修中
NO.1物件角の電柱根元より噴砂がみられる





NO.1物件南側敷地
南側壁面にそって噴砂が堆積している
拡大写真
噴砂口:直径40cm程度





空地全景
50坪程度の敷地1/3程度に
噴砂が堆積している
噴出口クローズアップ
直径30〜40cm(手前1円玉と比較)





考 察
現場は札幌市の南東端に位置する閑静な住宅団地の一角である。現場到着すると明らかに傾いている住宅を発見した。この住宅が「NO.1物件」であった。周囲には道路工事業者、報道関係者、見物人が集まり物々しい雰囲気であった。NO.1物件の周囲には液状化により噴砂した跡が3ヶ所確認できた。物件南側の壁際、物件敷地角の電柱の根元、そして道路2を挟んで位置する空地である。最も大きかったものは空地にできたものであり、直径30〜40cmの孔が2つありそこからあふれ出た噴砂が50崢度にわたり広がっていた。噴砂したものを見てみると、非常に細かくシルトのようであった。 取材を受けている人の話では噴砂している状況は、まるで水道管が破裂でもしたかのように泥水が噴出していたということであった。近所に住んでいる人の話では4:50に起きた本震ではなく、6:10に起きた予震時に大きな音が聞こえ住宅が傾いたということである。また、このあたりは造成前は宅地であり、昔は良く魚などを釣っていたという人がいた。  周辺を散策してみるとNO.1物件から100m位離れたNO.6物件にも影響がみられた。NO.1物件からその物件までの間には、特に噴砂した形跡はなかったため、NO.1物件の周囲の噴砂が影響しているものと考えられる。 震度4程度の地震でもこのような現象が起こるとは思っていなかった。もし震度6という地震が札幌で起こった場合を想像すると非常に恐ろしく思う。