会社情報
構造設計
新商品の企画・開発
室内環境設計
アドバイス・コンサルティング
設計施工・不動産全般
デザイン
 
JBRA
約款
第1条(目的)  J建築システム蝓憤焚次峭叩廚箸い)はアラミド繊維シートを用いた木質建築物の接合工法として開発したJBRA-1工法 (以下「本工法」という)の普及に関して、施工品質の均一化と信頼性の確保を目指し、本工法の健全な発展に寄与することを目的とする。
第2条(JBRA-1工法)  本工法は、木造建築物の柱脚と土台、柱脚と土台から基礎、柱頭と梁、柱と柱の接合部にアラミド繊維シートを接着し、地震時などの 水平力に伴う柱の引き抜きを防止する補強接合工法として、(財)日本建築センターより「建築物等の施工技術及び保全技術・建設技術審査証明」 を取得している。

アラミド繊維シートを用いた木造軸組の主要接合部(柱・梁・基礎)補強工法
「JBRA-1工法」(BCJ-審査証明-45)

第3条(適用範囲)  本約款は、甲がJBRA-1工法施工管理士認定書(以下「認定書」という)を JBRA-1施工管理士(以下「管理士」という)へ交付した時点から適用される。
第4条(施工管理士資格認定制度)  甲はBCJ-審査証明-45に示している通り、本工法の施工品質を確保するためにJBRA-1施工管理士資格認定制度 (以下「資格認定制度」という)を定める。資格認定制度とは、本工法の概要、設計施工に関する講習及び試験を行い、 合格者を本工法の設計施工に伴う技術を有する者と甲が認め、資格を付与し認定書を交付する制度とする。
第5条(製品の販売)  本工法に関する製品販売について、甲は本工法に必要な以下の部材をセットした梱包品を販売する。
   ・JBRAシート     ・手袋   ・下地処理用ブラシ
   ・JBRA専用接着剤   ・ヘラ   ・取り扱い説明書、施工要領書
第6条(製品の瑕疵について)  甲が販売するJBRAシート、JBRA専用接着剤などの梱包内容及び品質については、所定の保管状態において 1年間の製品保証を行う。万が一、甲の故意又は過失により管理士に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならない。 ただし、損害発生の翌日から起算して一週間以内に甲に対して通知があったときに限る。
第7条(行為禁止事項)  管理士は本工法の設計施工にあたり、甲が提供する技術資料及び講習会等で指導された内容を厳守することとし、 それ以外の運用は禁止とする。
第8条(守秘義務)  管理士は正当な理由なく、本工法について知り得た秘密、情報等を外部に漏洩、盗用してはいけない。
第9条(資格及び譲渡の禁止)  管理士はいかなる場合でもその資格及び権利を第三者に譲り渡すことはできない。 
(附則)  本規則は平成16年6月1日より施行する。
▲ページトップへ
>> 前に戻る
 
トップページ会社概要プライバシーポリシー利用規約サイトマップお問合わせ
 
  〒005-0822
北海道札幌市南区南沢2条3丁目13-30 JASビル
TEL:(011)573-7779 / FAX:(011)573-7811

東京事務所:東京都文京区本郷3-30-8 熊野ビル2F

Copyrighted 2007 J ARCHITECTURE SYSTEM INC all rights reserved.
不可能を可能に。命を守るJ建築システムの耐震・補強構造