「アラミド繊維補強による構造用木質材料の研究開発」
場  所:東京大学農学部7号棟【安藤教授研究室】
実施日:9月20日(火)〔単調引張試験〕
9月21日(水)〔T1、NT120、NT60〕
9月22日(木)〔NT15、NT20/20X〕


1.試験体概要
  ●試験体使用材料
  ・アラミド繊維シート:AK-40(一方向繊維、巾10cm×長さ30cm)
  ・土台:ベイツガ(加圧注入防腐土台)105×105 含水率20%以下
  ・柱:スギ(JAS乙種構造材3級)105×105含水率19%以下

2.試験体設置状況
  ●加力方法:単調加力方式及び一方向繰り返し加力方式の引張試験
  ●測定数値:試験体破壊時の最大荷重(Pmax)
  試験体の柱、浮き上がり変位量(δmax×NT60,15,NTX15については柱の回転変位量も測定)
試験体設置状況(T1)試験体設置状況(NT15)変位計設置状況(柱左・右・側面)


JBRA-1システム紹介